ナースの扉

看護部理念


看護部職員は患者さんの人権を尊重し、
患者さんの立場に立った質の高い看護介護サービスを提供できるように努めます。
そのために謙虚に患者さんから学び、自己研鑽に努めます。

2004年9月策定
2016年1月改定


看護部長からのメッセージ


みなさん、こんにちは。
私たち職員は、この病院が地域の皆さまの要望ででき、支えられている事を学び、誇りに思っています。
患者さん、ご家族の方々に信頼される安全で安心な医療・看護・介護を目指し、多職種や他事業所とのカンファレンスを丁寧に行っています。患者さんの問題に対し、医師を含め全職員で、さらにご家族や必要に応じて行政にも参加していただき、意見を出し合って最善の方向をめざす努力をしています。これが私たちのチーム医療の基本となっています。
小規模病院の当院ならではの職員間のつながりが職場や職種を超えてあります。
特に若手職員の元気な様子は、私たち先輩看護師に多くの元気をくれます。
私たち看護師が大事にしているのは「寄り添う看護」です。患者さんが看護師に何を求めているのかを常に問い続けていきます。
皆さん、私たちのチームの一員になりませんか。多くの先輩が待っています。

看護部長 佐藤 文子



親身になって話しを聞いてくれる先輩達に囲まれて、毎日充実しています

 学生の頃は患者さんと関わる時間は少しでしたが、看護師になって長く関わるようになりました。患者さんが望んでいることを考える機会が多くなったように思います。つらいこともありますが、丁寧に、親身になって話しを聞いてくれる先輩たちに囲まれて、毎日充実しています。一緒に働くのを待っています!

重盛さん(諏訪赤十字病院看護専門学校卒)



看護部目標


私たちは民医連看護の3つの視点と4つの優点を大切にした看護の実践を目標としています。

3つの視点:患者の立場に立ち・患者の要求から出発し・患者と共にたたかう看護
4つの優点:継続性・無差別平等・民主性・人権を守る

【看護の資格を活かして人の役に立ちたい】 の気持ちをサポート


そんなあなたにお勧め


  1. 仕事を離れてしばらくたち、復帰には不安が。医療現場の雰囲気に触れてみたい。
  2. 今どきの医療はどこが違うの?正しい知識と技術、物品。医療安全や倫理って?
  3. PCが苦手!電子カルテの初歩から記録入力や操作を学びたい。
  4. 同じ立場の人と再就職のことなど気持ちを聞いてみたい。
  5. 再就職や子育て中の先輩に実際の体験、すぐに役立つアドバイスなど聞きたい。

ページの先頭へ