お知らせブログ

   南信勤労者医療協会・諏訪共立地域連携相談センターは4月14日、諏訪共立病院デイケア室で、「在宅医療の現状と課題~特に看護の役割を中心に~」と題し、木下真理子医師(地域在宅事業部長)の講演会を開きました。主に看護師を対象にした内容で、病院職員や近隣自治体の社協職員、ケアマネージャー、新聞を見て来たという地域住民の方など、52名の参加がありました。
   木下医師は、全国的に高齢化が進み、独居や老々世帯が増え「超高齢独居時代」に突入していると指摘。特に当法人のある下諏訪町は高齢化率36%、全国平均からみて10年先を行っている。在宅分野に関わる看護師は医師のいない場所・状況下で医療の要になる職種であり重要な役割を担っていると強調しました。
   講演後には参加者と意見交換があり、日々の医療現場で感じている事等を共有しました。


講演する木下医師

講演する木下医師


質疑の様子

質疑の様子


諏訪共立病院は下諏訪町で唯一の一般病院です。小児科から高齢者、救急から慢性疾患まで、訪問診療や老健、小規模多機能、ショートステイなどの介護福祉施設、他の医療機関とも連携しながら切れ目なく幅広い地域医療を行っています。教育・福利厚生も充実!
ぜひ私たちと一緒に働きません?



病棟薬剤師配置、医療安全管理業務の拡大に対応するため、薬剤師を募集します。2018年度4月、事業所内保育所が開所します。子育て等、家庭の事情にも出来る限り対応します。


※詳細は採用情報にてご確認頂きますようお願い致します。



南信勤労者医療協会は4月2~3日、新入職員研修会を開きました。
南信勤医協の歴史や、医療・介護従事者にとって必要な基礎知識等を学びました。


SDH(健康の社会的決定要因)についての講義

SDH(健康の社会的決定要因)についての講義

スタンダードプリコーションについて実践

スタンダードプリコーションについて実践

グループごとに問題が与えられ、答えを求めて 該当職場を訪問し聞き取りを実施

グループごとに問題が与えられ、答えを求めて 該当職場を訪問し聞き取りを実施

全体で発表し、理解を深めました

全体で発表し、理解を深めました


2018年4月2日(月)事業所内保育所たんぽぽ保育園の入園式が行われました。




入園に関するお問い合わせ

下諏訪町 教育こども課 ℡ 0266-27-1111
社会福祉法人ひまわり会 たんぽぽ保育園 ℡ 0266-55-1096


南信勤労者医療協会は4月2日、入社式を開催しました。2018年度4月は15人が入職します。今後ともよろしくお願い申し上げます。


南信勤医協の新入職員

南信勤医協の新入職員


ページの先頭へ