病院について

諏訪共立病院「患者の権利章典」

患者さんには、「病気を治す主体者」として以下の権利があります。

  1. 考え方の違いや、信仰の違い、お金のあるなし、生まれた国の違い、人種の違いなどに関わりなく、必要な医療を受ける権利があります。
  2. わかりやすく説明を受け、医療・介護従事者と協議し、自分の意志で、治療の方法を決定する権利があります。
  3. 自身の受けている治療や検査の内容を知る権利があります。
  4. 不利益を受けることなく、診療に関する意見や苦情を表明する権利があります。
  5. すでに受けている医療あるいはこれから受ける医療に関して、他の医師の意見を聞く権利があります。
  6. 院内の他の医師や、他の病院に治療の場を移す権利があります。
  7. 個人情報を保護される権利があります。
  8. 諏訪共立病院職員は、医療・介護従事者として、これらの権利を尊重するよう全力を尽くします。

諏訪共立病院職員一同 
2005年1月作成 
2011年6月一部改定 


ページの先頭へ