諏訪共立地域連携相談センター

業務理念

私たちは「権利としての社会保障」「人権を守る」視点を常に掲げ、患者・利用者、家族、住民とともに、それぞれの抱える個別の生活問題の解決援助のみならず、社会変革を目指し、平和を守り、人権と社会正義を拠り所とする社会福祉の専門職として業務にあたります。
ソーシャルワーカーは病院等の保健医療の場や福祉施設、地域などで社会福祉の立場から当事者の抱える経済的、心理的、社会問題に対し、すべての人々が自分の持つ可能性を充分に発展させ、よりよく生きられるような専門性を発揮した援助を行います。

病気や障害に伴い、様々な生活上の不安や心配事が生じてくることがあります。そのような状況下でも安心して治療し、その人らしい生活が可能となるよう、患者さん・ご家族と一緒に考え解決できるよう専門の相談員(医療ソーシャルワーカー)が、お話しを伺い支援をしております。

相談になる方へ

  • どのようなことでも構いませんのでお気軽にご相談ください。
  • 相談内容については守秘義務を厳守いたします。
  • 電話もしくは地域連携相談センターまでお越しください。
  • 入院中で地域連携相談センターにお越しになれない場合は病室に伺いますので、主治医または看護師にお申し付けください。

例えばこんな時にご相談ください



ページの先頭へ