在宅リハビリテーション科



皆様、こんにちは。
理学療法士の小松です。
梅雨に入り、パッとしない日が続いておりますがいかがお過ごしでしょうか。

諏訪地域の伝統祭である、『御柱祭』が5月14日~16日に執り行われ、地元が大いに賑わいました。
当在宅リハ科では、様々な事情で参加が叶わなかったご利用者さまに御柱文化に触れ、喜んで頂くために、デイケアミニ御柱祭を企画しております。

職員が当デイケア御柱部長の指示の下、『協力一致』し団結して作業に取り組んでおります。
また、ご利用者さまにも協力を仰ぎ、『デイケアミニ御柱祭』のロゴや『デイケア一之御柱』とお書き頂いたり、御幣を作成して頂いたりなど、ご利用者様の『作業活動』にも関わらせて頂いております。

本番は7月中旬を予定しております。
是非、お楽しみに!!




『綱打ち』の様子




『元綱』(写真右)と『輪なぐり取り付け後の御柱』


皆様、こんにちは。
在宅リハビリテーション科 理学療法士の小松です。
立冬も過ぎ、寒さをより感じる日々ですがいかがお過ごしでしょうか。

短時間デイケアでは、11月3日(水)の文化の日にちなんで“デイケア文化祭”を開催中です。
塗り絵から水彩画、折り紙や木彫りの仏像など、ご利用者さまから“自慢の品”をお借りし、展示させて頂いております。
どの作品も、完成度が非常に高く目を引くものばかりで、ご利用者様同士の他者交流・社会交流の場にも一役買っております。
一部作品は、今後も展示していく予定でありますので、ご興味のある方は、是非ご覧ください。



皆さま、こんにちは。
在宅リハビリテーション科 理学療法士の小松です。
秋晴れで気持ちの良い日が続いておりますね。

当在宅リハビリテーション科では、ICFの観点から、ご利用者さまの“社会参加”に焦点を充て、“デイケア農園”に取り組んでおります。
野菜や草花についても、ご利用者さまからアドバイスを頂きながら、生育に取り組んでおります。
収穫した野菜は、感染対策に気を付けながらお持ち帰り頂き、ご自宅で調理して下さる等、作業活動にも繋がっております。

今年は、ご経験のあるご利用者さまとともに、大菊の育成にも取り組みました。
ご利用者さまも、菊をご覧になり笑顔を浮かべて下さるので、こちらも嬉しい気持ちになりとても良い経験をさせて頂きました。
今後も、社会参加に繋がるよう取り組んで参ります。




10月も半ばとなり、諏訪湖の周りも紅葉してきましたね。
在宅リハ科では小児科と連携し、受診にいらっしゃるお子さんが楽しめるように、利用者さん協力の下で飾りを作成しております。
10月の飾りは秋の農園です。秋の果物や野菜など、たくさん貼って楽しんでください(^^)/



諏訪の寒さも厳しくなりはじめ、身体も徐々に固くなり、筋肉が硬くなりリンパの流れも滞ってきます。
リンパは全身を巡っており、身体の水分や不純物などを排出することに役立っています。リンパの流れを良くすることで不純物や老廃物を排出が促進され浮腫みの改善に役立ちます。また、免疫にも役立っており、流れが改善することで、リンパ球と呼ばれる免疫細胞が活性し免疫を高め、疲れにくくなります。



①足を肩幅程度に開き、両手を組みます
両手を頭上に挙げ、肩・肘を伸ばしましょう



②そのまま上半身を横に倒し、脇腹を伸ばしましょう
回数:左右10秒キープ×3セット

気持ちよく、ゆっくり伸ばしていき身体も心もリフレッシュしてみませんか?


梅雨の合間の爽やかな晴れ間の中、皆様いかがお過ごしでしょうか。
今年もデイケア農園の季節がやってまいりました。
経験豊富なご利用者の皆さんからアドバイスをいただいて、トマトやきゅうり、ナスなどの野菜や
松葉牡丹やケイトウ、マリーゴールドなどのお花もすくすくと成長しております。
デイケアの見学やご利用の際には、是非お立ち寄り下さい。





本日より関東甲信越も梅雨入りし、湿度の多い日々が続きますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
在宅リハビリテーション科では、職員ととともに、ご利用者の皆さんにもお手伝い頂き季節の飾りを作成しています。
完成した飾りは、デイケア内を彩るだけでなく、小児科前の壁にも飾られ、患者さんにも喜ばれています。




ページの先頭へ