看護部

2014年度最後の看護体験を2015年3月10日から27日、5回開催し、5校から24名受け入れました。
2014年度はこれで47名参加となりました。
5月からの体験では諏訪、上伊那地域の9校の参加となり、地域医療の病院として広く認知されてきた感があります。

白衣に着替え、プチ看護師になったら体験開始です。
まず、小児科や内科外来の診療に同席させて貰います。




「良いですよ。看護体験なの。白衣が可愛いわね」と、小児科のお母さん方は快く了解して下さいました。

診療、処置室での看護師の動きや患者さんへの応対の見学の後は医事課へ。
診療報酬という病院の基本となる社会的な仕組み、受付や会計だけでなく病院の顔として多くの働きを担っている事など知って貰いました。




「病院って、先生や看護師さんがいて患者の傷の手当てとかしている所のイメージだったのに違った。」
「事務の方とかも患者さんの事を考えていた。」
「全く初めての事ばかり。話すことも緊張した」
「患者さんと近い病院で先生が患者さんの事を良く知っていた」
「小さい時にかかっただけなのに先生が覚えてて くれて感激!」

血圧計や聴診器でバイタルサインの測定。患者と看護師役を交代で足浴や車いす介助など看護業務を体験しました。


ページの先頭へ