看護部

2012年11月17日(土)

「看護系学校進学を目指すひとのための模擬面接」を11月17日に行いました。
3高校から7名の女子生徒が参加。10月6日に引き続き、今年度2回目です。

前回同様、なるべく本番に近い形を目指して行いました。控室で待機の後、面接室に移動。看護部長、事務長が面接官となり、実際の面接で聞かれそうな項目を質問していきます。はきはきと応えられる生徒さんもいれば、少し返答に詰まってしまう生徒さんも。終了後、「本番のようで、すごい緊張感があった」「自分が予想していなかった質問もあり、とても参考になった」「足りない所がたくさんあったので、そのような所が見つかったのがよかった」といった感想が出されました。

面接後は、当院の1年目看護師と懇談会を行いました。参加した生徒さんが志望している看護学校の先輩でもあり、学校での生活や受験のアドバイス等、生徒さん達は興味深げに聞いていました。また全体のまとめ後、各生徒さんは看護部長から個別に細かいアドバイスを受けました。生徒さんからは「看護学校に入学してからの大変さがわかった」「面接の指導をしてもらい、改善点がわかった」という声が。また、こんな感想も出ました。「先輩方の話を聞き改めて看護の厳しさを知ったが、やりがいも聞き、より看護師になりたいという思いが強まった」。

今回の企画が、生徒さんたちの看護師を目指す思いを膨らます一助になっていたら嬉しく思います。
みなさんが受験で十分に実力を発揮できることを祈っています!



ページの先頭へ