活動・取り組み・各種情報

アルコール依存症からの回復・自助を支援

回復の難しいアルコール依存症

全国にアルコール依存症の疑いのある人は440万人、治療の必要なアルコール依存症の患者さんは80万人いると推計されています。アルコール依存症からの回復には『通院』『抗酒剤』『自助グループ』を柱とした治療を続けることが必要といわれています。アルコール依存症には治癒はなく、回復という状態を続ける他ありません。断酒を継続しなければいけない病気です。回復者は入院治療に繋がった方でも全体の2~3割といわれています。
県内の自助グループ(家族のグループ含め)は約50箇所あります。
アルコール治療の専門プログラムのある『県立こころの医療センターこまがね』(元駒ヶ根病院)の当時の師長さんの呼びかけで、アルコール依存症回復者の増加を図るため、平成14年10月31日に当院で自助グループ『下諏訪酒害者回復クラブ』を発会させました。回復クラブは当事者や家族、誰でも自由参加ですが、医療スタッフと月に1度は町の保健師さんも参加する『半自助・半治療グループ』です。祝日やお盆・お正月関係なく毎週木曜日に例会があり、例会出席により酒害体験を語り合うことで、お酒のない生活がどんなに貴重なものなのかを確認し合うことができ、それが断酒継続の力となります。回復者、家族のみなさん、地域の保健師さん、みなさんの協力があり安心して自分を出せる所、気楽な所、大切な仲間がいる所に発展し、平成29年15周年を迎える事ができました。

15周年記念として平成29年10月は拡大例会とし、院内職員の参加を呼びかけ、10月の4回の例会にて12人の職員が参加しました。また、2017年12月には記念講演として存症を社会全体の問題として捉えようと『つながりなおす依存症社会』という記事を連載した信濃毎日新聞社の稲田俊 記者をお呼びし「アルコール依存症に関わる取材の中で見えてきたもの、伝えたいこと」について講演をしていただきました。
記事については時々、当例会でも持ちよられて当事者と話題になっていたこともきっかけでこの記念講演に至りました。依存症という内容の記事が通常の紙面ではあまり取り上げられていないことをきっかけにこの連載に至り、「だらしがない」「意志の弱い人」というような依存症に対する厳しい目や知られていなかったり、社会が目を向けていなかったり、社会での生きづらさから人は何かに依存してしまう。その根っこにこそ、社会は着目しなければならない といわれていました。記念講演会は当事者、地域の保険医療機関の方々など合わせて70名を超える参加がありました。


今後もアルコール依存症者の支援のために地域の受け皿としてこの会を大切にし、継続していきます。
アルコール関連のことで気になる事がありましたら、お気軽にご相談ください。
どなたでも回復クラブの参加も可能です。


ページの先頭へ